住宅ローンがついた不動産売却について

不動産を売却する場合、いくつか注意する点があります。
その1つが住宅ローンの付いた不動産の売却です。
みなさんが売ろうとしているその物件、住宅ローンは付いていませんか。
住宅を購入する際、一般的に、売却代金をローンの残債に充てて一括返済するケースが多いです。
そのため住宅ローンを組んでいる場合、その物件に抵当権が付されている場合も少なくありません。
資金を融資する金融機関では、対象となる物件に抵当権を付すことで、万が一、ローンが返済できない場合に回収できるようにしているのです。
ただ、そのような抵当権が付いた物件の場合、そのままの状態で購入してくれる人はほとんどいません。
そのため、不動産の売却代金を受け取るのと同時に、抵当権を抹消する必要があります。
この場合、対象物件の売却代金を受け取った後、金融機関にローンの残債をすべて返却し、その後に抵当権を抹消することになります。
対象物件の住宅ローンが残っている場合は、注意しておきましょう。

sabu用置換

sabu用置換