不動産を相続するときに必要な書類の入手方法

親や兄弟など親族から不動産を相続するときは、法務局で全部事項証明書を発行してもらいます。
最寄りの法務局の窓口で入手できます。
法務局は各都道府県にありますが、現実には自宅から遠い場合も少なくありません。
電話で問い合わせて、郵送してもらえるか確認すると柔軟に対応してもらえます。
法務局によってはホームページのメールフォームから確認できるシステムになっていますので、まずは問い合わせてみて、どのような手続き方法が可能なのか確認します。
不動産の全部事項証明書の他に、固定資産評価証明書もあります。
固定資産税の納付に関連する証明書で、市区町村の役所で発行してもらいます。
発行の際には、請求書と発行してもらう人の身分証明書が必要になります。
固定資産評価証明書は窓口での発行がスムーズですが、郵送でも取得できます。
そのうえで役所で発行してもらう基本的な書類として、被相続人の戸関謄本と、相続人の住民票があります。
被相続人の戸籍謄本は、出生から死亡までを網羅するものなので、複数の戸籍が必要になる場合もあります。
被相続人から相続する際に、被相続人に関する住民票の除票も必要になります。
相続人の住民票に関連して、相続人の印鑑証明書も必要になります。
相続人が複数の場合は、すべて全員分が必要です。

金の買取に関する基礎知識を複数紹介しています
素人でもできる簡単な真偽の見分け方や目減り・チェックポイントなどの知識を得られます。

合宿 免許
免許合宿をできるだけ安く抑えたい方におすすめ

選べるエフィーの七五三プラン
目的に合わせて選べるお得なプランをご用意しております

知っておきたい相続税!節税対策の方法とは?
税理士がきちんと解説してくれるので、知識ゼロの方でもしっかり学べます

忙しいサラリーマンでもできる!おすすめ副業
空き時間を使ってコツコツお金稼ぎ